ギラヴァンツ北九州 雑学的コラム日本にプロサッカーリーグ・Jリーグが誕生した時から以来、北九州にもJリーグチームが出来ないかなと、ギラヴァンツ北九州を側面からお節介にお手伝いをして十数年。wavywebのアタル(管理人)がギラヴァンツ北九州について月2の周期でコラムを書かせていただきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
サポーターになったきっかけ 16:04
ギラの熱烈応援団のイエローブリゲード。年末になると忘年会が行われる。 私はブリゲードが集まるC席で応援はしないが、団長・副団長との永い付き合いから、毎年、忘年会に呼んでくれる。もちろん、団員と呼ぶのだろうか、知り合いのサポーターもたくさん居る。忘年会はいつも楽しく過ごさせてもらっている。特にあまり顔見知りでない応援者と話すのが楽しい。そして直に友達になってしまう。後々、街ですれ違うと「おぅ!」と手を上げて挨拶する仲になる。 ギラサポになったきっかけを聞くと皆さんそれぞれで楽しい。ギラになってからの人、ニューウェーブ時代からの人、アビサポをやっていて苦渋の選択で移籍してきた人。商工会議所の会報誌・北商NEWSのギラページにこんなサポの記事が載っていた。小倉北区京町のリウォーム藤岡の藤岡三八子さんの記事。リウォーム藤岡は洋服の仕立てや寸法直し、修繕などの更正を引き受けるお店。ある日、仕事場にひとりの青年が洋服の更正に尋ねてきたそうで、藤岡さんは「ブティックの紹介で来たのだろう」と気にもしなかったが、その後も来店する日が続いたので、職業は何かなどと尋ねてみたが「ただの洋服好きですよ」と煙に巻かれた。しばらくして、ある雑誌に載っていたその青年の写真に目が止まった。青年に直接尋ねた。「ニューウェーブ北九州の桑原裕義選手ですか?」。「まだJFLの時代だったのでサッカー選手と名乗りたくなかった」のだそうだ。それから藤岡さんは北九州の活性化に、ギラの応援に、そして何より桑原選手の人柄に惚れ、お手製のアップリケで作った横断幕やゲーフラを掲げて応援しているそうです。これも一つ楽しい逸話だなと感じ入りました。 もう一つ面白い話を、あるサポーターから聞きました。彼はよく関東やアウェイの会場にもギラの応援旗をもって応援に行く熱血サポーターの一人なのですが、関東の試合に時々現れるようになった東京在住の青年がいて、その青年は北九州出身のプロボクサーで白石豊土といい、協栄ジムでトレーニングをしていて、今度の12月3日に東京の後楽園で東洋太平洋チャンピョンに挑戦することになったとか。ギラサポ仲間で応援してやりたい。そう言ってました。ギラサポが作る北九州応援隊。輪が広がるといいなと思います。 OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 赤穂 亮(横浜光/チャンピオン) 12R 白石豊土(協栄/同級1位) 12/03(土)後楽園ホール17時45分 白石豊土プロフィール

by アタル
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by アタル - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://giravanz.wavyweb.lolipop.jp/trackback/10
<< NEW | TOP | OLD>>